ニキビの治し方 | みんなの知恵袋

ニキビの治し方口コミ情報!ニキビに効果があったものなかったものについてアンケートを実施。

*

22時~2時までの睡眠がカギ 27歳・女性

   

睡眠をとる女性

ニキビ跡に新規のニキビが繰り返しできる

思春期のニキビがやっと治って安心していたところ、大人のニキビができ始めました。顔全体、顎にも真っ赤なニキビができて、顔を鏡に近づけてみると自分でも気持ち悪いと思っていたので、きっと周囲の人にとってはもっと不快だったかもしれません。ニキビ跡が治る前に新しいニキビがどんどん増えていました。

 

ニキビの治し方:22時からの睡眠と美顔器で集中ケア

ニキビは不規則な生活や睡眠不足などの内的原因と、スキンケアなどの外的原因があることを知り、両方の原因をバランスよく追及することを心がけました。上質な睡眠をとるために、肌のターンオーバーが活発な10時から2時の間にできるだけ眠るようにしました。睡眠の質を高めるために、寝る前にはパソコンを使ったりテレビを見たりしないこと、アロマの香りで部屋を満たしてリラックスできる環境づくりをしました。

 

また普段のスキンケアはパックや美容液などを使わないシンプルなものですが、週に1回だけは美顔器を使ってお手入れをしました。コットンに美容液を含ませ、美顔器にセットして肌の上を滑らせます。そうするとコットンがうっすら茶色くなり肌の汚れが取れます。美顔器を使った後は肌がスーッとした感触になり毛穴の奥までキレイになったような気がします。

 

これらの方法を半年くらい続けた結果、新しいニキビができなくなり、ニキビ跡だけとなりました。ニキビ跡が完全に治る前でには1年近くかかりましたが、エステなどにも行かず美顔器30000円、美容液1本5000円を5本くらい使っただけの費用で済みました。 ニキビがひどくなる前に規則正しい生活を心がけてケアをしていればよかったと思いました。

 

睡眠と美顔器使用で得られた効果

ニキビを本気で治したいと思い始めて、規則正しい生活や運動、睡眠をしっかりとることを心がけ、美顔器を使ったお手入れを定期的にすることによって半年くらいでずいぶん改善されました。ニキビ跡までキレイに治るには1年くらいかかってしまいました。きれいなお肌でいることがどれだけ前向きになれて、素晴らしいことか身を持って体感しました。

 

デメリット:シフト制の仕事で睡眠がとれないことも

仕事がシフト制で、朝起きる時間や寝る時間が定まっていなかったため、10時から2時の間にできるだけ睡眠をとるのが難しかったです。また、仕事のメールなど寝る前にもパソコンを使わざるを得ない時が頻繁にあり、脳が興奮してなかなか眠れない日もありました。眠らないといけないと思うと余計に眠れませんでした。

 

 - ニキビの治し方【睡眠編】, ニキビの治し方【美顔器編】 ,